レーザー脱毛は胎児に影響する心配はないのか

レーザー脱毛を行う時には自分の健康に対する心配をする人は多いですが、妊娠してお腹の中に胎児がいる女性の方の場合だと、それだけでは無く自分の子供にも影響を与えてしまう可能性が無いのかを心配する人もいます。

レーザー脱毛は妊娠中の女性の方の場合は施術する事は出来ないようになっていますが、それは胎児にレーザーの影響が出るから施術しないという訳では無いです。そもそもレーザー脱毛で用いているレーザーは皮膚の浅い部分までしか届かない光であり、もっと体の奥にいる胎児にまでは届かないので、レーザーが直接胎児に影響を与える心配はないのです。それではどうして妊娠中の女性の場合は脱毛する事が出来ないようになっているのかを説明します。

まず、妊娠中の女性というのはホルモンバランスが変化していて脱毛したとしても適切な効果が得られない可能性も高くなるという事が挙げられます。また、レーザーが直接胎児に作用する事は無くても、脱毛する事による痛みがストレスとなったりする事で胎児に何か影響を与えてしまう可能性を心配しているという事も挙げられます。妊娠初期の時に妊娠している事に気が付かないでレーザー脱毛をしてしまったといった場合には胎児への影響が心配になるかもしれないですが、説明したようにレーザーが胎児に届く事は無いのでそれについては心配ないです。

妊娠中はレーザー脱毛を行えないならば、妊娠する可能性があると途中で契約がどうなるか不安なので脱毛するために通えないという人がいるかもしれませんが、それについては大抵の病院では妊娠期間中は一時的に脱毛を中断するような仕組みになっている事も多いので、これから通っている間に妊娠する可能性があるからといって通わない方が良いという事は無いです。ただ、対応がどのようになっているのかはきちんと個別に確認をしておいた方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *