レーザー脱毛で肌が赤くなる場合があるのは何故か

レーザー脱毛を行った場合にレーザーを照射する部分の肌が赤くなる事があるのは熱による影響のためです。

レーザー脱毛と言うのはレーザーを照射する事でその部分の体毛が熱を発生させています。その熱が周囲の肌にも伝わって肌に熱がこもった状態になり赤くなってしまうのです。あくまでも一時的に軽い炎症を起こしているだけであるために、肌にさらに刺激を与えるような事をしなければすぐにそうした症状は治まりますのでそれほど心配はいらないです。ただ、レーザー脱毛を受けた当日は熱のせいで肌が敏感になっている状態となるので、何か刺激を与えてしまうと炎症が悪化してしまったり色素沈着を起こす原因ともなるので、そうした面では気をつける必要があります。

それでは肌への刺激としてはどんな事が挙げられるのかというと、運動をしたり紫外線を照射するといった事が該当するので、脱毛を行った当日は家でおとなしく過ごしていた方が良いと言えます。また、家で過ごす場合でもお酒は血行を良くして温めてしまうので、肌への刺激となりうるので当日の飲酒は避けておくべきです。

その他に気をつけたい事としては、入浴も避けるべきであるという事です。ただ、入浴はダメでもシャワーを浴びる程度であれば可能であり、ぬるめのお湯であまり肌を擦る事をしなければ炎症が悪化する心配はほとんど無いです。夏場は汗をかいてきちんと入浴をしたいという気持ちがあるかもしれないですが、それについてはシャワーで我慢して下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *