既に格安スマホを持っている場合のMVNOとの契約

subpage01

MVNOサービスと契約する場合、SIMと格安スマホ端末をセットで申し込むことが可能ですが、既にスマートフォンを持っている場合はどうすればいいのでしょうか。この場合、SIMを単体で契約するということが可能になっています。

ビジネス視点で格安スマホ情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

MVNOサービスの場合、データ通信専用プラン、音声プランの二種類があるので、どちらかを選ぶようにしましょう。

SIMが届いたら、手持ちのスマートフォンに差し込み、APNの設定を行えば接続可能になります。
では、手持ちのスマートフォンが格安スマホではなく、大手携帯キャリアで購入したスマホでも大丈夫なのでしょうか。

この場合、どのキャリアで購入したスマホなのかというのが大事になってきます。


MVNOサービスが利用している回線の提供元と手持ちのスマホの販売元が一緒であればまず大丈夫です。

しかし、異なっている場合は、スマートフォンを携帯キャリアショップに持ち込んでSIMフリー化してもらうか、あるいはSIMの方を手持ちのスマートフォンのキャリアに合わせるしかありません。



異なっているまま使おうとしても無理です。また、SIMフリー化したとしても、SIMとの組み合わせによっては使えないことがあるので注意しなければなりません。



よくわからない場合は、申し込みを予定しているMVNOサービスに電話をし、手持ちのスマートフォンの型番をいって調べてもらうといいでしょう。
MVNOは、自社のSIMを携帯キャリアのスマホ、あるいは格安スマホに差し込んで、実際に使えるのかという調査を行っているので、ある程度、メジャーなスマホであれば使えるか使えないかは比較的簡単にわかります。